家族葬のデメリット

お葬式の種類の一つである家族葬は、現在検討している人も増えてきているので、知っているという人も多いのではないでしょうか。よく上がる話題に家族葬と一般葬の違いがありますが、大きな違いは大人数で行うか少人数で行うか、家族や親族が参加するかなどです。従来の密葬は限られた人だけで行うものですが、お通夜と葬儀・告別式の後に日を改めて一般の参列者で行う本葬もセットであります。こうした本葬が家族葬にはないので、準備や手間がかからないのが大きな特徴です。

このように家族葬には多くのメリットがあり、現在のニーズにマッチした葬儀スタイルですが、もちろん注意しておかなければならないポイントもあります。たとえば、家族葬は一般葬に比べると参列者が少なく、葬儀の費用が抑えられるようになります。これはメリットと考えている人が多いのですが、葬儀の参列者が少ない分、一般葬よりもお香典の金額が減ることも考えられるので、注意が必要です。

また、親族によっては、お世話になった近所の人や会社の人を呼ばずに、身内だけで葬儀を終えるのはどうなのかという考えの人もいます。家族葬が人気ですが、良いことばかりではないということを知っておくのが大切だと言えるでしょう。家族葬が故人の遺志による場合など、他の葬儀ではなく家族葬にした理由は丁寧に伝えることが肝心です。

一般葬とは異なり、お香典の金額が少なくなるので葬儀費用が高くなるということもあります。必ずしもメリットばかりではないので、他の葬儀方法も見てみてどれが良いのかを見るのが効果的です。葬儀社によっても金額は異なってくるのでシンプルにするのが効果的です。葬儀が終わってからの家の方に手を合わせたいと訪ねてくる場合もあるので、お客さんにお茶出しや会話をしたりとこうしたところでストレスになってしまうこともあります。メリットがデメリットになってしまうことも多く、正しく家族葬について知っている人も少ないため、葬儀をする前に是非参考にしてみてください。