家族葬のマナーや費用・お香典

こちらでは、知っておきたい家族葬にかかる費用の相場について紹介します。一般葬や直葬といった葬儀の費用の差はどれくらいなのか知らないという人も多いのではないでしょうか。葬儀会社によってプランが異なっており、それだけ葬儀にかかる費用も異なってきます。一般葬の場合は、家族で行う葬儀よりも参列者が多いので、その分会場費や人件費、装飾にかかる費用は増えてきます。

直葬の場合は、葬儀自体を行わないのが特徴で、その他の費用は家族葬とそれほど変わらないものとなっています。式場代や人件費といった葬式を行うのにかかるお金が少ないので、必要な費用はかなり抑えられます。

次に供花や供物についてです。家族葬は通常の葬儀をよりコンパクトかつシンプルにしたもので、供花や供物を送ってもらった場合に遺族は返礼品を用意する必要があります。ただ、贈る側としては遺族が家族葬をしたい場合は供花や供物は控えたほうが良いでしょう。続いて挨拶ですが、基本的には知らせないのが家族葬の大きな特徴です。これは、家族葬にすると知ってしまったら弔電をした人が迷うことがあるためです。葬儀後の家族葬の挨拶状は、家族葬で執り行ったと報告し、すぐに知らせなかったことをお詫びするのがポイントです。

葬儀後に香典を送りたいという場合は、喪主に香典を送りたいということを伝えます。まずは遺族の意向を伺うというのが重要です。なぜなら、家族葬は家族や親しい人で葬儀をするので、一般の人の会葬や香典を断っている場合が多いからです。葬儀が終わってから家族葬をしたことを伝えられたときなど、香典を送った方が良いのか悩んでしまうという人は少なくありません。その場合は、喪主にそのことを伝えて送っても良いのかを聞くのが効果的と言えるでしょう。負担をかけないように、香典を断っている場合は贈らないようにするのがマナーでもあるので、よく理解してから参加をしたいところです。葬儀の形式にはそれぞれ良い点もあれば悪い点もあり、一長一短です。ぜひ参考にしてみてください。